Haruka Takei

News


柿渋の布しごと

2020年8月20日(木)~9月16日(水)

CLASKA Gallery & Shop "DO" 吉祥寺店(東急百貨店吉祥寺店 2F)

ご実家が山梨県の干し柿農家である武井さん。柿渋は、成熟する前の間引いた小さな青い実を絞って作られています。ご自身の畑で育てたもので染められた布は、渋すぎず、甘すぎず、武井さんならではの柔らかさで表現されています。

https://do.claska.com/exhibition_fair/2020/07/takeiharuka_fair.html

白と黒

spiral market

東京都港区南青山5−6−23 

スパイラル2F 

前期7月17日(金)〜7月30日(木)

”布しごと”展

6月18日(木)〜28日(日)
23日(火)、24日(水)はお休み

布からものを作る人たちの
着るもの、身につけるもの
使うものが届きます。
良き仕事を是非ご覧ください。

アトリエユヌプラス / エプロン、ハンカチ
クウプノオト / 服(ワンピース、カシュクール)
武井春香 / 柿渋染めの袋、手織りのショール


いろいろなことに気をつけながらの企画展になりますが
皆様に安心してご覧いただけるように努めてまいります。
尚、お客様にも店内でのマスク着用にご協力をお願いいたします

手仕事雑貨屋 風土

京都市北区紫野西御所田町34-2
営業時間 11:00-18:00 不定休 
営業日などはInstagramをご覧ください
Phone:075-468-8335


ヒナタノオト 作り手と結ぶ庭

2020年3月の伊勢丹新宿店では、3週間にわたって、計38の作り手の作品をご紹介します。

春の息吹きがそよぐ庭のイメージのような空間で、皆様のご来場を作り手と共にお待ちいたしております。

伊勢丹新宿店 本館5階=センターパーク/ザ・ステージ♯5
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1  
tel 03-3352-1111(大代表)

vol.2 3/18(水) 〜 24(火)

陶磁 ▪ 古谷朱里 / ガラス ▪ 菊田佳代 | 手塚えりか / 木工 ▪ mujina木工房  

布 ▪ 武井春香 | TETOTE / 装身具 ▪ Anima uni | 吉田 史

3 / 21(土)より

陶磁 ▪ ヒヅミ峠舎 / 木工 ▪ studio fujino

3/ 21(土)・22(日)のみ

木工 ▪ 水村真由子 / 皮革 ▪ 土居祥子

https://musubuniwa.jp/exhibition/伊勢丹新宿店本館5階での催事/

『ときめく春を持ち帰る』

うつわ萬器 北千住店

2020年2月29日(土)-3月22日(火) 10:00~19:00 

いつもの食卓、いつもの景色。私たちのまわりが春色に変わっていく。
それだけで少し心が躍る。春は新しい何かに出逢いたくなる。
心がときめく春を持ち帰ったなら、明日がもっと楽しみになります。

<参加作家>

赤畠大徳(各種包丁)・安藤由紀(木工)

大澤知美(木工、漆)・クウプノオト(バッグ)

武井春香(ストール)・原口潔(カトラリー)

ヨシノヒトシ(陶磁器)

△3月6日(金)限定・・・きりん屋のパン(お昼12:00からの販売)

http://utuwa-banki.com/

武井春香の柿渋バッグ

CLASKA Gallery & Shop "DO" 京都店 (藤井大丸 4F)

2019年12月27日(金)~2020年1月26日(日) 10:30~20:00*12月31日(火) は10:30~18:00、元日は休業、1月2日(木) は10:00~20:00、3日(金) より通常営業。


ご実家が山梨県の干し柿農家である武井さん。身近にある柿渋を使って染められた布は、渋すぎず、甘すぎず、武井さんならではの柔らかさで表現されています。

かごのように編まれたバッグなど一つ一つ丁寧に作られ、使うほどに表情を変えていくのも楽しみです。ドー 京都店では初めてのご紹介となります。ぜひこの機会にご覧ください。

https://do.claska.com/exhibition_fair/2019/12/post_355.html


Using Format